MENU

血流改善に運動習慣を!

血流を良くするためには、運動も必要不可欠です。
運動は筋力がつくことでも、血液のポンプ機能が成立し、血液循環が良くなります。

 

運動と言っても、激しい運動法ではありません。
簡単な運動で十分に効果が期待できます。
たとえば、手足を曲げ伸ばしする程度の運動法でもOKです。
できれば、有酸素運動と筋トレを組み合わせる方法がおすすめ。
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動と、腕立て伏せなどの無酸素運動を組み合わせることで効率よく運動効果があらわれます。

 

体を気持ちよく動かしながら血流を良くしていく方法としては、ヨガもおすすめの運動法です。最近ではホットヨガの人気も高く、教室も多々あるのでこの期に始めてみるのはいかがでしょうか。

 

身体だけでなく、顏の運動(表情筋を使ったストレッチ)も取り入れると、顏の血流が改善されて血色も良くなりますし、リフトアップにも効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅でできる!?ホットヨガの方法

 

ヨガは教室もあり、専門のトレーナーに教わると分かりやすいのですが、忙しい方は通う時間もはばまれますよね。
ヨガはコツとポーズさえ覚えれば、自宅でもできます。最近流行のホットヨガも、自宅で行うことができます。
ホットヨガは室内が温かい環境に整えていればどこでもできます。
室温を大体38〜39℃にし、湿度を60〜65%にします。これで、ホットヨガの環境が整います。

 

ホットヨガは通常のヨガに比べて、筋肉がやわらぐため、効率よく、身体に負担をかけずにヨガをできます。
一般的にホットヨガは専門のスタジオやジムで行いますが、暖房と加湿器があれば、自宅でも可能なのです。

 

ポーズについては、ネットでも調べられますから、基本のポーズや血流に良いポーズを覚えて実践してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

顔の運動

 

女性にとくにおすすめしたいのが、顏の運動です。
顔の血流が悪くなっていると暗い印象になり、くすみや肌トラブルの元にもなります。
顔の運動はとても簡単です。
表情筋を使うことを意識し、口を大きく開けて「あ・い・う・え・お」とハキハキと言うだけ!たったこれだけでも、顏の筋肉が使われて血流を良くすることができます。

 

また、空いたペットボトルを使う運動法もあります。
500mlサイズがちょうどいいサイズです。
ペットボトルに少しだけ水を入れ、飲み口をくわえます。このとき、歯を使わないように注意しましょう。口でくわえたまま10秒キープします。
その後、一度はずして、何度か繰り返します。

 

顔の運動は肌の調子を整えて、たるみやほうれい線の予防や改善効果、リフトアップ効果にも期待できます。