MENU

血流に良い飲み物

食事と同じく、飲み物にも血流に良い物・悪い物があります。
皆さんはジュースはお好きでしょうか?ジュースの飲み過ぎは健康や血流に良くありません。

 

血流に良い飲み物とは、お茶系です。
・ウーロン茶
・緑茶
・紅茶
・ハーブティー
などのお茶類は、脂質を取り除く作用で血液サラサラ効果が期待できる飲み物です。脂っこい食事のお供にもピッタリですし、普段から食事のお供として、ティータイムのお茶に飲んでみてはいかがでしょうか。
ちなみに、麦茶は血流を促し、明日葉茶も血流に良いと言われています。
他にも、シトルリンやビタミンEを配合した健康茶は血流改善に良さそうですね。

 

お茶類の他には、黒酢や赤ワインが有名です。
黒酢は血管をしなやかにしてくれる作用があり、赤ワインはポリフェノールの働きが期待でき、血管拡張作用があると言われています。
また、ココアはチョコレートと同じくカカオが原料なので毛細血管の拡張や血流に良いと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

黒酢の効果とは?

 

健康ブームが起きたときに話題になった黒酢。
黒酢は血流にも良いお酢です。黒酢には、疲労回復や肩こりの改善効果の他、中性脂肪の蓄積を防ぐ作用もあることから、血流に良い飲み物とされています。

 

黒酢は濃厚な味わいで、好みが分かれます。苦手という方も多いかもしれませんが、希釈方法次第で美味しく味わうことができます。
たとえば、ジュース自体はがぶ飲みすると健康に良くありませんが、黒酢の希釈に使う分にはOKです。
リンゴジュースやオレンジジュースと混ぜると、ちょうどいい甘みが加わり、さっぱりと飲みやすくなります。
また飲むヨーグルトと混ぜて飲む方法もアリです。黒酢は大さじ1〜2杯を目安に希釈するようにしてください。

 

黒酢に含まれる有効成分としては、アルギニンやメラノイジンなどがあります。
アルギニンは血管を拡張し、血流を良くする働きがあります。メラノイジンは赤血球を変形させて毛細血管へ赤血球を届ける働きがあります。
このように裕子負う成分らの働きで、血流改善に効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

赤ワインの効果とは?

 

抗酸化成分といえばポリフェノール。ポリフェノールが多い飲み物といえば赤ワインです。
赤ワインに含まれるポリフェノールは活性酸素による酸化を抑制し、LDLコレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。
この作用によってドロドロ血液の予防に良いと言われています。

 

また、赤ワインは血管を拡張させる働きもあるため、血流をスムーズにしてくれます。
ただし、飲み過ぎは禁物です。体に良いとはいえアルコールですから、過剰摂取は肝臓に負担をかけて、中性脂肪増加の原因になります。
赤ワインを飲む場合は、1日1〜2杯を目安に飲むようにしてください。ちなみに、ぶどうジュースも同じようにポリフェノールが豊富なのでおすすめです。こちらも飲み過ぎには注意が必要ですが、適量なら身体に良いと言われています。