MENU

血流に効くツボの種類

私たちの身体には、さまざまなツボが存在します。その数、350個以上。
ツボの指圧は、気・血の流れをスムーズにする効果があり、内臓や自律神経などに良い影響を与えて体の健康を良くすると考えられています。

 

全身のツボの中に、血流・血行に効くツボもいくつか存在します。
ドロドロの血液をサラサラにするためには、肝の働きに良いツボが効果的と言われています。血管の老化予防にも有効です。
血流を改善するツボはたくさんあり、『血海(けっかい)や足三里(あしさんり)、大衝(たいしょう)、天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)、完骨(かんこつ)』などが有名です。

 

ツボの指圧は一回では効果があまりありませんが、日ごろからツボを刺激するクセをつけておくと、血流改善に効果があります。
血流が改善されることで、肩こりや頭痛、内臓の調子、冷え性などを整えていくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

血流に効くツボ

 

血流に効くツボとして取り上げたい種類が『井穴(せいけつ)』です。
このツボは両手・両足の爪の生え際に存在します。ココを刺激することで、全身の経路に良い刺激が伝わり、血流が良くなると言われています。

 

血流にだけでなく、眠気・だるさなどにも効能が期待できます。
親指と人差し指を使い、順番に指先をもみこむことでツボを刺激することができます。
くまなく全ての指をケアすることで、全身の血流が良くなり、体の疲労や睡眠不足の解消に効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

足にあるツボについて

 

足にはツボが集中しています。
血流においては、『足三里(あしさんり)、大衝(たいしょう)、三陰交(さんいんこう)、合谷(ごうこく)、腎癒(じんゆ)』などのツボが効果的です。

 

足三里(あしさんり)はひざ下の骨から外側に指2本分の位置にあります。ココは血流を良くするだけでなく、胃腸の調子や体力、抵抗力などに効能が期待できます。
胃腸に効くツボとして有名で、胃腸の水分代謝を調整したり、新陳代謝を高める効能があります。

 

大衝(たいしょう)は足の親指と人差し指の付け根と足裏のへこんでいるあたりにあります。ココは気と血のめぐりを促して、血流を良くする効能があります。
足全体にさまざまなツボがあるので、ツボの位置が分かりにくいときはマッサージするだけでもある程度の効能が期待できます。