MENU

血流が悪いときの弊害

今、体や美容において悩みはありませんか?
もしかすると、その悩みの原因は血流にあるかもしれません。

 

血流が悪い状態では、体や美容に弊害をもたらします。
ざっと挙げても、
・肩こり、首こり
・頭痛
・冷え性
・むくみ
・疲れやすい
・ストレスを強く感じる
・肌荒れ
・肌が暗い
・免疫力の低下、風邪をひきやすくなる
・アレルギー症状の悪化
などなど。
このように、健康や美容を阻害する症状が起こります。
また、生活習慣病として問題になっている高血圧症や脂質異常の間接的な原因とも考えられています。
血流に問題が起きて、もし動脈硬化になった場合、症状が進行すると、突如起こる脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる重篤な病気につながる恐れもあります。

 

「血流が悪いくらいで…」と甘く考えず、血流を整えて根本から症状を改善していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血流が悪いときは動脈硬化リスクが高くなる!

 

血流が悪くなると、動脈硬化の状態が進行します。結果、血液はドロドロになり、LDLコレステロールが蓄積します。
すると、今度はLDLコレステロールが血管壁に侵入し、酸化を起こします。
この酸化したLDLコレステロールを処理するために、免疫細胞であるマクロファージが内側に溜まり、血管内部はどんどん狭まります。

 

想像してみてください。狭い血管を大量の血液が通ったらどうなると思いますか?

 

そう、血管壁が破裂してしまう恐れがあります!
血管壁が破裂することで、脳梗塞や心筋梗塞などを発症し、最悪の場合、命に関わります。
健康な日々を送るためには、血流を改善することはとても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性必読!血流が悪いと老けてみられる可能性大!?

 

顔の血流が悪くなっていると、実年齢より老けてみられるかもしれません。
なぜなら、血流が悪いことで、肌がくすむからです。暗い印象になり、人からの印象は悪いものに・・・。
また、目の下のクマもできやすくなります。

 

血液は栄養や酸素をさまざまな組織に供給しているので、肌に必要な栄養も不十分になることで、肌トラブルを引き起こすこともあります。
健やか肌を手に入れるためには、血流の改善が欠かせません。もしかすると、血流を整えるだけでも、肌の調子がぐんと良くなるかもしれませんよ。
顔の運動をすると血流が良くなり、リフトアップにも効果的なのでぜひ習慣にしてみてください。
もちろん、全身の血流を意識することが一番大切です。
生理痛や冷え性なども血流が悪いと症状がひどくなるので、女性特有のトラブルを改善するためにも、血流の状態を見直してみましょう。